診療費用 medical expense

診察費用について

基本検査

女性側

内容 金額 保険適応
ホルモン検査 約4,500円
AMH(抗ミュラー管ホルモン) 6,600円
抗精子抗体(精子不動化抗体) 7,700円
子宮卵管造影 約4,500円
子宮鏡検査 約4,500円

男性側

内容 金額 保険適応
精液検査 約1,000円
ホルモン検査 8,800円

※ホルモン検査、AMH、抗精子抗体は、血液検査を同日に行います。合計で約18,800円かかります。

タイミング指導

約5,000円前後

人工授精(AIH)

22,000円 (再診料、超音波検査費用、薬剤料すべて含む)
※人工授精前に排卵時期を見つけるための検査(採尿・採血および超音波検査等)を実施するため、別途約7,000円前後が必要となります。

体外受精・胚移植(IVF-ET)、顕微授精(ICSI)

術前検査

女性:11,000円、男性:6,600円

手技料・薬剤料

*こちらをご覧ください⇨PDF

特定不妊治療費助成事業について

福島県では、特定不妊治療(体外受精、顕微授精)を行うご夫婦の経済的負担を軽減するため、保険診療の適応とならない不妊治療費の一部を助成しています。
助成制度は各自治体によって異なりますので、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。
※ 排卵を伴った治療にかかる助成事業であるため、人工授精等は対象にはなりません。

福島県 不妊治療支援事業のお知らせ

料金例

不妊治療にはどれくらいお金がかかるのか、不安に思う方も多いのではないでしょうか。
当院で治療をされた患者さんの事例と料金例をご紹介します。
※2019.4.1現在の料金例です。

Aさんご夫婦の場合

(採卵⇨新鮮胚移植⇨余剰胚凍結保存)

初めての採卵(麻酔あり)で採卵数は6個。
SPLIT法(3個媒精、3個顕微授精)で合計4個の受精卵が得られました。
胚盤胞まで培養し1個を新鮮胚移植、余剰胚2個を凍結保存しました。

金額内訳

内容 金額
採卵料 71,500円
麻酔料 11,000円
卵子数加算(4〜6個) 33,000円
SPLIT法 55,000円
顕微授精加算(3〜4個) 33,000円
受精卵培養料 44,000円
胚盤胞培養料 22,000円
胚移植料 71,500円
胚凍結料 22,000円
合計 363,000円

Bさんご夫婦の場合

(採卵⇨全胚凍結)

3回目の採卵(麻酔あり)で採卵数は3個。
媒精を行い2個の受精卵が得られました。
分割期胚で2個凍結保存しました。

金額内訳

内容 金額
採卵料(3〜5回目) 55,000円
麻酔料 11,000円
卵子数加算(2〜3個) 22,000円
媒精料 22,000円
胚凍結料 22,000円
合計 132,000円

Cさんご夫婦の場合

(採卵⇨顕微授精⇨受精卵得られず)

6回目の採卵(麻酔なし)で採卵数は1個、顕微授精を行ないましたが受精卵は得られませんでした。

金額内訳

内容 金額
採卵料(6回目〜) 44,000円
卵子数加算 11,000円
顕微授精手技料 33,000円
顕微授精加算(1〜2個) 22,000円
合計 110,000円

Dさんご夫婦の場合

(凍結保存していた胚を融解し移植)

凍結保存していた胚を1個融解し1個を移植しました。

金額内訳

内容 金額
胚融解料 22,000円
融解胚培養料 33,000円
SEET法 11,000円
胚移植料 71,500円
合計 137,500円

注:上記は手技料であり、薬剤料、検査料、診察料が別途かかります。

採卵の場合
卵巣刺激にかかる薬剤料
- ショート法 約85,000円
- アンタゴニスト法 約11,5000円
- 簡易刺激法 約20,000円
凍結胚融解移植にかかる薬剤料 51,160円

*費用の詳細はこちらをご覧ください⇨PDF