あみウイメンズクリニック(婦人科・不妊治療)
クリニック案内 不妊治療 婦人科 診察・各種予約 A's Essay

A's Essay

| メイン |

2010/2/18
OCってご存知ですか? −Part1ー

今日はOCについてご紹介させていただきます。
OCはOral Contraceptivesの略で、「Oral」は「経口の」、「Contraceptives」は「避妊薬」という意味です。つまりOC=経口避妊薬=ピル(俗に言う) ということですね。

最近のOCの特徴としてまずあげられるのが、含まれる女性ホルモンの量が必要最低限に抑えられていることです。これは他の薬剤でも同じことが言えますが、薬剤は薬効成分量が増えるほど副作用も強くなる傾向があります。したがって、避妊に十分な効果を示す必要最低限の女性ホルモンを含んだピルが理想だったわけです。こうしてつくられたのが、いわゆる「低用量ピル」というものです。

現在処方することが可能なOCには「21錠タイプ」と「28錠タイプ」があります。これは1シートに含まれる錠数が違うわけですが、「この7錠の差ってなに?」と素朴な疑問を持たれる方も多いと思います。
実はこの7錠は薬であって薬でない、偽薬(=プラセボ)と言われるものなのです。つまり「21錠タイプ」の場合、この偽薬(=プラセボ)が含まれておらず、この間は休薬することになるわけです。
「薬じゃないものをわざわざ飲むのは面倒だから、私は21錠タイプがいい。」と考える方もいらっしゃるでしょうし、その考えは全く間違いではありません。ただし、1週間の休薬後間違いなくOC内服を再開できればです。OCは正しく内服すればほぼ100%に近い避妊率を有しますが、理想的な服用ができなければその限りではありません。そこで飲み忘れを防ぐべく考案されたのが偽薬(=プラセボ)なわけです。毎日飲む習慣をつけた方が楽かもしれませんね。
さらにOCには「一相性」と「三相性」という分け方があります。
「一相性」は21日間の服用中、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合量が一定で変わりません。そのため錠剤の取り違いによるのみ間違いの心配はありません。「三相性」はホルモンの配合量が、途中3段階に分けて異なり、服用する順番が決まっているものです。
飲む順番を間違えない自信がない方やOCの内服期間を変えることにより月経の時期を調節したい方には「一相性」がお勧めです。

さて次はOCの「避妊のメカニズム」についてお話します。
OCには次の3つの効果により妊娠成立を避ける働きがあると考えられています。

1.排卵の抑制 (LHやFSHなどの排卵を促すホルモンの分泌を抑えます)
2.受精卵の着床を阻止 (子宮内膜が厚くならず、受精卵が着床する環境が整いません)
3.子宮の入り口で精子をブロック (子宮頸管粘液の性状を変化させ、精子が子宮内に入りにくくなります)

このような3重の効果で、予定外の妊娠からあなたを守るわけです。
ほんとすごいですね、OCって。

次回はOCの副作用についてお話しする予定です。
では。


Posted by ami : 2010/2/18

コメントをどうぞ

*

Spam Protection by WP-SpamFree

 
カレンダー

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


このページについて

クリニックからの最新情報や院長のエッセイをブログ形式で掲載しています。


検索




アーカイブ




Powered by
WordPress 3.1.3



  サイトマップ アンケート スタッフ募集 リンク
ami Women's Clinic Phone:0242-37-1456 Fax:0242-37-1457